menu feature

ジャン=リュック・ゴダール監督をめぐるエッセイ、論文、トークなど。



『ゴダール・ソシアリスム』│蓮實重彦  >> NEW

歴史の授業――ヴェトナム戦争から遠く離れて│浅田彰  >> 

『フォーエヴァー・モーツアルト』を観るために│浅田彰  >> 

「馬など、どこにもいはしない」とゴダールはつぶやく│蓮實重彦  >>

ゴダールの「孤独」――『映画史』における「決算」の身振りをめぐって│蓮實重彦  >>

ゴダールの『映画泥棒日記』――『恋人のいる時間』│蓮實重彦  >>

喪中のゴダール『JLG/自画像』│蓮實重彦  >>

老齢であることの若さについて
――「変貌」するゴダール(『フォーエヴァー・モーツアルト』)│蓮實重彦  >>

ゴダールが、生まれてはじめて「愛」を描こうとしたのです
――『愛の世紀』(トーク)│蓮實重彦  >>

ゴダールに対して革命を起こそう!――『JLG/自画像』(トーク)│蓮實重彦 

そして、誰もいなくなってしまった、のだろうか……(『新ドイツ零年』)│蓮實重彦 

ジャン=リュック・ゴダールの『万事快調』
――「驚いてはならぬ」と彼はいう│蓮實重彦